日本における勃起障害と肉体改造について

日本では、多くの方が肉体改造などで、若さを維持していたり、または体力関係の仕事などの事柄から、日常的にスポーツジムや、激しい運動を行っている方がたくさんいます。

また、最近でも話題の肉体改造のためのジムなどがいろいろなところで、誕生しており、日本では、肉体改造は美しい自分の容姿を保つためのものとして、とても人気があります。

その一方で、肉体改造にはとても過酷なスケジュールが組まれることがあります。

たとえば、炭水化物の制限、ご飯などまたはパンなどの食物については制限が厳しいなど、いろいろな制約があり、それらも踏まえながら、肉体改造を行っている方が、日本にはとても多くおられます。

実際に、スポーツジムなどに通い、肉体改造をおこなった結果、体力もつき、また、容姿が魅力的になったことから、女性にモテるようになった、という声がある一方で、深刻な問題も起きています。

過度な肉体改造は、勃起障害を引き起こしてしまうからです。

それまで、普通体系でいた際には、そのような勃起障害が起こらなかった人でも、極度のジムでの過密なスケジュールや食事制限を行った結果、勃起障害になってしまった、そのような事例があります。

また、あまりにも過酷なジムや肉体トレーニングは、体に負荷が大変にかかり、また、食べたいものを食べられないストレスから、心にも影響を与えるという側面があります。

このようなことから、あまりにも、体に影響を与える肉体改造は勃起障害を起こしてしまうと同時に、生殖能力にも影響を与えてしまう可能性があるとされています。

そのため、日本の雑誌などでもこのような警告がされている一面があり、医師からの注意喚起が出されているケースもあります。