勃起障害に有効なED治療薬の効果時間について

勃起障害は加齢によってのみ発症する体調不良だと考えられていますが、年齢に関わらず他の病気の症状として表面化するパターンもあります。
例えば、病気の手術後は血液の循環が乱れる事によって、一時的に勃起障害になり得ます。

また神経系の病気を患っている場合、その弊害として勃起障害が併発します。
アルツハイマー病、パーキンソン病もまた勃起障害のリスクです。
前立腺関係の病気、膀胱がんなども、勃起障害を引き起こす要因です。
更に広い意味で見れば、血管や神経が怪我や手術で傷付いた場合も、勃起力が一時的に低下し、性欲が急激に落ち込んだり、性欲はあるにも関わらずペニスが萎えたままの日々が続きます。

病気や怪我による勃起障害であれば、まず本丸の病気治療を優先させましょう。
専門医の許可が出るまで、勝手にED治療薬を飲んではいけません。

ただ、一方で健康体にも関わらず、勃起障害を患う男性たちも少なからず存在します。
仕事のストレス、人間関係によって得た心の傷、恋愛関係のトラウマ等もまた、心因性EDを呼び起こす要因です。

特に通院や入院をしていない健康体の男性なら、バイアグラなどのED治療薬が服用出来ます。
バイアグラの効果時間は、平均で5時間位です。
世間一般のカップルであれば、満足行く効果時間の間、ペニスが普段通り機能しますので、バイアグラを服用すれば、性に関するコンプレックスが克服出来ます。

即効性は落ちますが、シアリスというお薬を飲めば、最長36時間の効果時間が得られます。
どちらも健康体の50代以下の男性であれば、普通に服用出来ますので、近頃ペニスが頻繁に萎えてしまう、と困っている方は入手を考えてみましょう。
ED治療薬を既に飲み始めている日本人男性は多く、妊活や夫婦生活の健全化に役立てられています。